終わりなき旅

イシブログ

whyからはじめよ まとめ 感想

見ていただきありがとうございます

イシです


f:id:whiteishi:20200810153815j:image

 whyから始めよ まとめ 感想


皆さんに伝えたいことです

 

仕事場にはまだまだ形式上のリーダーがたくさんいます

 

真のリーダーとは、【何故】から始めて行動を促すことができます

 

 

あなたは本当にその仕事の意味を深い意味で理解して行っていないのではないでしょうか?

 

例えば自衛隊で、1番大切なこととはなんでしょうか?

 

それは、日本という国を守ることです

 

トヨタで働く際、1番大切なものは何なんでしょうか?


世界の人々の人生を有意義にする事だとおもいます

 

(ほかにもたくさんあるとは思いますが)

 

形式上のリーダーにならない為には3つのポイントがあります

 

【why how what】

 

  1. whatとは、結果です
  2. howとは、方法です
  3. whyとは、目的です

 

私が師と崇めているサイモンシネック氏は常に

 

『whyから始めよ』

 

と述べています

 

1番大切なのがwhyだと言います

 

whyとはなにか?


詳しく言うとそれは、何故あなたがそれをしてるのかに対する答えです


(それでも分かりにくいですが)

 

私達は普段、whatから行動をしてます。いわいる何をの部分です。何をという部分は結果の部分です


つまり、お金であったり何かの商品であったり、社長になる
などです

 

たくさんのお金があったり。何か商品を生み出したり、肩書きの高い役職になったところでどうなったという結果であってそれが重要ではありません


その人が、【どう在るか】


というのがもっとも重要です

 

一度成功をしてしまったり小金持ちになってしまったり『最高だ』という経験をしてしまうと今まで、目指したフォーカスしたポイントがズレていきます

 

つまり、金や肩書きに目が移ってしまうということです。実際
人の流れは、そういうもので残酷です

 

そうして多くの成功者は破滅してしいきます。そんなに甘い物ではないのです。目が眩むと今まで手に入れた物は一瞬で消え去ってしまいます

 

しかし、その人々がwhyが分かっていればそうはならないということをサイモンシネック氏は伝えています


忘れてはならないことは【どうやってする】や【どういう結果になった】ということではなく【何故それをしたか】を大切にしましょう

 

それを忘れてはだめです


【何故】


その答えには中々言葉にはできない様にそもそも私達の脳はできています

 

【何故】や【どうやって】というところは大脳辺縁系という脳の場所を使っています。感情を司る部分と絡み合っている場所で言語にはできません

 

【何を】というところは大脳新皮質という脳の場所を使っています。言語にしやすい部分を使っています


本書でも紹介されていますが分かりやすいものがあります。有名なTEDのスピーチです


有名なAppleの創業者スティーブ・ジョブズ氏

【iPhoneの商品発表のスピーチ】


がwhyから始めています


whyから始めるとどうなるのか?


『私達は、常に違った視点から物事を考えています』


『世界を変える為に、何度も商品を生み出しました』

 

『今回は、iPhone というものが出来ました』

『一ついかがですか』

 

 

どうでしょうか。とても買いたくなるのではないでしょうか?

 

ちなみに私は全くApple信者ではないのですがこれは買いたくなります


これがスティーブ・ジョブズ氏がwhyから話した人々が買いたくなる有名なTEDのスピーチです


繰り返しになりますが人々は、何故という部分にとても動かされます


反対に結果から伝えると、こうなります


『一ついかがですか』


『今回は、iPhone というものが出来ました』

『私達は常に違った視点で物事を考えています』

 

『世界を変える商品を何度も生み出しました』


どうでしょうか。欲しいですか?


あいにく、いりません。逆から話しただけですよね

 

真のリーダーは何故という信念をしっかり理解しています


ここをしっかり押さえてくれるから私達は

 

『この人は信頼できる』

『好きだ』

『着いていこう』

 

と思うのです

 

私の結論として、本書にも書かれているその言葉を借ります


形式上のリーダーではなく真のリーダーになりましょう

 

ありがとうございました

イシ