終わりなき旅

イシブログ

三重県のコロナ

見ていただきありがとうございます

イシです


f:id:whiteishi:20200812230901j:image

三重県のコロナ

 

"go to travelキャンペーン" どころではないですね。行きたかった三重県への旅行も、閉ざされてしまいました

 

ゆっくりお家で読書しろってことですか。父に恩返しのお酒買って飲んだんですがこれがとてもフルーティーで飲みやすいです

 

普通ならここで【】◀️画像とか入れて宣伝するんでしょうが別に宣伝の為ではないのでしません。ちなみに名前だけ教えておくと【ゆすらもも】という大分県別府市の地酒です

 

今まで飲んだ日本酒で1番飲みやすいです。日本酒でこれだけ飲みやすいのはこのお酒以外飲んだことがありません

 

本題に入りたいと思います

 

    四日市市と桑名市で名古屋市由来の新型コロナウイルス感染が相次いでいることを受け、鈴木英敬知事と四日市市の森智広市長、桑名市の伊藤徳宇市長は二日、名古屋の繁華街への訪問を避けるよう呼び掛ける共同メッセージを出した


 県内では一日までの一週間で四十七人の感染が確認されており、うち四日市、桑名の両市が二十六人で55%を占める。名古屋経路とみられる感染ケースが多いため、共同メッセージで両市民にあらためて注意を促した形

 

特に感染判明が相次ぐ若者に対し、感染防止対策の徹底を求めた

 

『気を付けよう』

 

『意識しよう』

 

という精神論では解決しないのです。全てではないですが最近の旅行は感染しないみたいな言い方はほんとに危険です

 

私達は私達が自分で判断して行動しなければなりません。旅行に行くことは拡散することと同じです

 

これは、私の持論にはなりますがコロナは完全に抹殺するつもりで生きることが大切ではないでしょうか

 

ちなみに"go to travelキャンペーン" やばいと言われていますが私が情報誌を読み漁った結果私の独断ですがマクロ、キャッシュ的にはJTB以外の旅行会社、危機です

 

ボーナス全カット、だけで済めば良い話だと思います。下手すると1年後、半年後に海外旅行はほぼ行けないんじゃないかと思います

 

いずれにせよコロナは絶望的ではありますが、私は【転換期】として見れば大きい変化が起こすことができるとも言えます

 

そういった時代を生きているとも言えるでしょう

 

パラダイムが大きく変化することで【労働】の変化が必ず起きるでしょう。【デジタル化】によって大きい変化が起き、【コロナ】によってさらに大きい変化が起きました

 

大きい変化▶️労働者の削減

 

これを逆に良い方に考えるとすれば誰もが新事業に挑戦することを強制されている状態にいれるということです

 

人は安全な領域いようとするホメオスタシスという機能があります

 

環境レベルで変化することはコンフォートゾーンから出られるチャンスともとれるのではないでしょうか

 

 

 

ありがとうございました

イシ