終わりなき旅

イシブログ

【成長 コーチング】

見ていただきありがとうございます

イシです

 

コーチングを成長するには

 

最近公開されているコーチングセッション【尊敬するコーチ】を見て私の感じたことのアウトプットをさせていただきます

 

 

『習慣を始めに決めていなければ、何か物事を行うことはできないので改善したい。』

 

という目的を設定してセッションがスタートしました

(⏫それには様々な価値観、経験や体験、感情、信念、世界観、周りの環境が影響しています)

 

何故習慣を大切にするのかという理由を聞き出します

 

その後にストーリーで例えると、今日という日は第1話から全部で第10話まで、あるとすれば第何話まで進んでいるかを質問します

 

クライアントさんは自分が見たい結末を話してくれます

【第10話】はどうなっているのかを予想します

 

クライアントさんは自分自身に自問自答を行います

 

◯思考▶️自問自答させることです

 

◯普段は私達は思考しない何故なら、、、大変だからです

 

◎1人でできない思考にさせます

 

ストーリー手法はさすがだと思いました。具体的に未来を想像していけますね。結末まで予想させることも大切

 

自問自答をさせると、普段考えられない新しい思考をして発見があります。コーチとしては【チャレンジ】を行います

 

セッションは進んでいきます

 

『今までの予想ができないストーリーにしたい』

 

『起きていることは分かるけど、どうしたいのかが分からない』

 

『ゼロイチを生み出そうとしているのではなく、どこかから持って来るようにしてしまう』

 

そう答えてくれました。その答えが悪いことなのか、良いことなのか内心で思っていても言いません

 

絶対に判断をしてはいけません。し、しません

何故なら、コーチが手伝うと効果的な思考を邪魔

 

以下、思考の変移です

 

どうやって思考を変移していったかを知るにはまず、そのままの言葉をそのまま理解することが大切です

 

判断しそうですが、我慢です。私も実はかなり苦手です。『こうしたらいいんじゃないかな』と思ってしまうので最低限口にださないようにします

 

【アドバイスをしない我慢をする】こともクライアントさんのためです

 

またセッションは進み最終的にはこういう言葉が出てきました

 

『今の自分をどうかしたい』

 

『小さい枠、小さい箱、小さい世界でしか生きていない自分をどうかしたい』

 

『面白いことを言おうとしていることがある。もう失敗をして、また次回お願いいたしますの状態になっている』

 

『それは覚悟をして挑む背水の陣とは違う』

 

『こだわりがある。それでは自然にはできない。だから自然にできないということは、こだわっている』

 

『試合が始まってしまえば、服を着ていたらそれが間違っていたとしても、もうやりきるしかない』

 

『勝てないとしてもやりきるしかない』

 

 

最高のコーチングセッションでした。こんなコーチングセッションやってみたいですね

 

見ていただきありがとうございました

イシ