mental coaching blog

メンタルコーチング

現代の戦に勝つ

こんにちは。

今日もありがとうございます。

コーチのホワイトイシです。

 

劇的な結果を出し続ける人の成功バイブルとして

孫子の兵法』 

について 読みました。読むほどできていないこと当たり前

なかなかできていないことが書かれていました。

 

納得する内容ばかりでした。中でも印象の濃かった部分を紹介したいと思います。人を動かす秘訣それが詰まっているのが、孫子の兵法です。

 

誰であれ夜になれば疲れ、誰であれ腹が空けば力はでませんし、昼にずっと起きていれば夜には疲れるし眠くなります。

 

何もしないでいても長時間すごすだけで、皆さんもお腹は空いてしまうのです。

 

当たり前ではあります。

 

しかし、この部分を利用できていますか?

 

元気な敵を狙ってはならない。被害が甚大になるため。
窮地に追い込まれた敵を攻めない。必死で抵抗しようとするため。その抵抗された時に被害を受けたら大変ですね。
君主の命令を全て実行するのではなく、おかしいと思うことは、反対せずに、君主の命令を先送りできるようにする。そして、君主の頭をクールオフ(冷や)させる。
 

孫子の兵法は、

孫正義さんや、あのビル・ゲイツさんも読んでいる

時代を超え、読まれる名著

本当に為になることが、詰め込まれています

孫子の兵法はたくさん出版されています。

ちなみに私が読んだ本はこちらです

 

超訳孫子の兵法: 「最後に勝つ人」の絶対ルール
 

田口佳史さんの本を読ませていただきました。

田口さん本人が、

波乱万丈な人生を生きていて、そこで、出会ったのが孫子の兵法!実際に実行されてきたことを書いて下さっています

構成自体も面白いです!そして、読みやすい

 

孫子曰く

から始まる論語と似ている

リーダーに必要な一冊

 

勝てると判断した戦争しかするな

 

出来る限り戦争しない

 

孫子

信頼関係

仲間うちの絆

長と兵が強い絆

 

法の適用が厳格

賞罰が公正かどうか

 

きちんとした仕事ができたと満足しています

これは自己満になる可能性がある

 

トップが一枚岩になる

 

勢いを出す

 

利を制するなり

 

将軍が君主の言うことを理解していれば軍は成り立つ

 

百害あって一利なし

上と下の意見が違う

 

経営

専務と社長のつながりが悪いと

上手くいかない

 

組織のトップが意見が違う

船では舵が取れない

そもそも反復してしまう

 

頭がフラフラしていると

シッポが振り回される。

ボクシングはフェイント

キドウは頭脳戦

 

相手の裏をかく

地力を尽くして頭脳戦に勝つ

 

とにかくパワーに任せてどんどん責めると勝てる

 

勝てるだけの条件が整っていれば勝つ

 

判断をする基準はビジョン

社運はかけてはならない

 

経営者の仕事は未来を描く

松下電器が成功した理由は無理をしなかったから

どの分野にどれくらい投資するか

 

下手に勝つより上手に負けてみよ

 

戦争の損害は長期化させてはならない

 

見ていただきありがとうございました。

コーチのホワイトイシでした。