本を読むこと

まだ見ぬ世界に飛び乗ろう

マインドセット“アドラー”

こんにちは。

今日もありがとうございます。

コーチのホワイトイシです。

アドラー心理学

ニンゲン関係が全ての悩みの根元だとアドラー心理学では言います。

近頃本当に私もそう思いますね。

良く思われる為に他人の為に行動を起こすには偽善です。

しかし、偽善でも相手の役に立てば他者貢献になりえます。

他者貢献と、偽善は一緒に起きて◯

他者貢献◯、偽善✕

のような考え方ではいつまでたっても相手のことが気になります。

良く見られたいとか、相手に認められたいと思ってしまいます。

ここで一つ、良く会社で私の仕事が認められなくて納得いかない。と嘆く人がいます。

アドラー心理学でいうと自分の仕事を認められたければ他人の仕事を認めてあげましょう。

お世辞 という言葉がありますが嘘だとしても間違っていたとしても言われて喜ばない人はいないです。

そもそもこれもまた言い手の解釈です。言い手が相手の良いところを解釈した結果、受け手に伝えることがお世辞になります。

事実と、解釈は違う

本当に、事実と解釈は違います。これは本当に多くの人が勘違いしてるところです。

例えば、aさんがこけたのを見てbさんが笑っているいるとします。

その人が笑っている理由はそのこけた人、が面白くて笑っているのかもしれません。

しかしそのこけた人が面白くて笑っているのではないかもしれません。

いや、こけた人を見てと言ってるから笑っている理由はそれしかない、と思うかもしれません。

しかしそうでは、ないんですよ。

これは本当に多くの人が誤解をしているところです。

もしかすると、aさんは、bさんがこけるのを見る前に宝クジで3億円当たったのかもしれません。

誰でも、3億円当たったら笑うと思うんですがその直後にそれを見て笑っているのかもしれない。

もしくは、好きな子からのLINEが来たので、嬉しくて笑っているのかもしれないです。

なので、

人を褒めたりすること事態は、全て、私達の解釈

ということになります。理解できた事実をそのまま話す。

アクノリッジメントという 方法があります!

事実を話すだけでも相手は喜びます!!

友人が髪を切った時など

『髪切ったね』

これで相手は喜びます!

また

『メガネ、変えたね!』

『マフラーしてるね!』

でも、大丈夫です。

相手がしてることをそのまま言うということです。タイミングを見計らう必要は少しあります。 しかし効果は絶大です

見ていただきありがとうございました。

コーチのホワイトイシでした。