終わりなき旅

イシブログ

上手に教える為に必要なこと

見ていただきありがとうございます

イシ

 

上手に教える為に必要なこと

 

人に何か教える為のポイントがあります

 

例では、英語の勉強を教えなければならない場合に外国語の発音はそのまま言えばいいましょう

 

Apple】なら

◯『アッポー』

✕『アップル』

 

勝手に変えちゃうから伝わらなくなります。大半の人は自分がやりやすい方法を勝手してしまいます

 

このことをいわいる『コンフォートゾーンに入る』とかと言います

 

【料理を作る】なら

 

ノウハウは全てやりましょう

 

どういうことかと言ったら与えられたレシピ通り、きちんと順番、火加減、時間を守って作りましょうということです

 

最終的にできる料理が例えばカレーだとしたら見た目は全く同じものだとしても、味は全く違うものになってしまっています

 

さらに言うと【コックは台所に入れて聞け】と言ったりしますがただ単純にやり方を聞いたり、見たりするだけでは伝わりにくいということです

 

実際にその【状況】で教えることは効果的な教え方です

 

注意すべき事項

 

・勝手に解釈しないこと

・勝手に行動しないこと

・あなたのフィルター

・必ず聞くこと

 

信念、フォーカス。

 

実際、成果を出してる人。

モデリングしたい人。

◯◯さん。

 

今考えることは重要じゃないと思わされる。

7つの習慣は効果的な成果の出す人の習慣。

刺激と反応の間をコントロールする。

自分で反応を選ぶ。主体性を発揮する人は

どんな環境でも、自分にとって効果的な反応を選ぶ。