人生の続きはblogで・・・

結果変え、人生を変えるコーチ

認識を確認する

アンソニーロビンズ

教材学習関連

 

人の意識の力は9割が、無意識。

人の意識は1割が、意識できる。

 

水を飲むのに、あえて意識をしていくと、無意識的にかなり、

複雑な動作、手順を行っていることが、わかる。

 

人はイメージ

できないことは、

行動にできない。

 

企業30社当たり前のようにやっている人にとっては、

よし、企業するぞ、と思えば、企業は楽にできる。

まずは、定款を作って、

しかし、したことがない人にとっては、どうだろう。

イメージができない。

だから、行動できない。

ということがおきる。

 

つまり、

その人の視点に立つとは、

その人にとっては、何が問題なのか、を見つける。

その人にとっては、どんな現実を生きているのか理解する。

その人にとっては、何が必要なのかを知る。

 

その人にとっては、がとても大切。

「その人の問題」、が「問題」であり、

「その人の視点」、が「視点」で、

「その人の人生」、が「人生」なのだ。

それらを尊重して行くことが、非常に大切である。

 

電車は席に座れなければ、きついと思う?

何が満員電車なんだろう。

海外には、電車の屋根にのって、移動する国がある。

つまり、

その人達にとっては、乗車率は、東京の満員電車は

100%ではないことがわかる。

 

横柄な、言い方、態度や、

クレームの電話対応。

で、

こんな仕打ちをされたというのは、

解釈。

事実と、

解釈は違う。

基本的には、

事実は客観的なものである。

解釈は主観的なものになる。

 

アクノリッジメント(承認)をする。

ことが良い。

褒めたり、けなすのは、

効果は無い。

なぜなら、解釈が入っているからだ。

 

髪切った相手に髪切ったかどうか聞くだけで、

相手は喜ぶし、変化を認めることが大切だ。

 

 

力学。

では褒めまくると、それをけなそうとしてくる。

 

けなそうとすると、褒めてこようとする。

 

ナンパとかする人達は、

彼氏を褒め、余裕があって良いなと

思わせる。

こともあるみたいだ。

 

ハイテンションで、

朝から、おはようございます!今日も朝から気持ち良いねー!

と行くと、相手は、お、おう。となる。

相手を弱くするには、自分が強くいく。

自分、こんなところがだめだ。

相手、そんなことないよ。

となったり、する。

目上の人に、おい!君!

こちらに座りたまえ!

と言うと、従順な部下のようになる。

弱々しい態度で部下に接すれば、

部下は、態度が大きくなる。

上手く使うと、勝手に役割を演じてくれるようになる。

基本的には、自分の態度は、相手の態度で

コントロールされる。

本当に全然変わる。

 

クレーム電話の対応、上の例で言えば、

ご連絡ありがとうございます。

といって、

何点か、伺ってもよろしいですか?

これで、関係は、上下にはならない。

しかも、感情は、怒ることを期待させない。

役割を果たす。

何点か、伺ってもよろしいですか?と聞くことで、

感情から、論理に視点をずらすことができる。

 

褒めずに

アクノリッジメントだけで

相手を喜ばすコミュニケーション。

は効果的

 

ありがとうございました。では🐱