本を読むこと

まだ見ぬ世界に飛び乗ろう

地頭力を鍛える

こんにちは。

今日もありがとうございます。

 

電柱は日本に何本あるか?

分かりますか笑?

一冊本を読みました。面白いと思いましたので紹介と良い部分を乗せていきたいと思います。

 

 

地頭力を鍛える

という本です。3つにまとめると

1インターネットの普及があったが使えるか使えないか

2フェルミ推定

3今ある情報を結論に繋げる思考法

 

初めは地頭とはなにくらいの知識でした。考えるよりも今先に“検索”に現代人は手が伸びてしまっています。ネット中毒になっている人もたくさんいます。

 

ネットサーフィンは良くないと分かっているのです。しかし、このネットサーフィンはフェルミ推定を使って抜け出すことができます。

 

地頭力

本書では分かりやすく、地頭力を持ってネットの大海を泳ぎ切ると言っています。

 

あなたは頭が良いとはどういうことだと思いますか?

 

頭の良さには3つあります。

  1. 記憶力が良い、語学力
  2. 対人関係、共感力
  3. 数学や、問題を解く力、地頭力

 

環境の変化で、情報入手は、誰でも必要な時に簡単に手に入れられる様になりました。場の空気が読める力は、人を動かすには必須です。考える力=地頭力です。

 

知的能力を面で語ると、

 

知識力、対人力→

 

知識力、地頭力→試験勉強、

 

対人力、地頭力

 

地頭力の直接的構成要素

 

 

論理思考力、左脳力、論理力

 

仮説思考力

結論思考力

抽象思考力

3つの思考力で、地頭力は構成されている!

 

仮説思考力

結論思考力

抽象思考力、単純に考える力

 

人間の行動は

 

人は磁石か、コンパスを変えることで、育てる!

 

 

地頭力とは、

生まれ付きのものなのか?

これには、生まれ持ったものはある。

が、毎日考える習慣で、鍛えれば、身につけて、飛躍させていくことは、できる!

 

『自分の頭を使う』と反対なのが『コピペ』

 

多芸多才、地頭力がある人!

 

地頭力を鍛えるために、

フェルミ推定

を使う!

フェルミは、原子炉を作った人!

 

Q、東京に信号器はいくつあるのか?

ドレイクの公式

日常生活で掴み所のない数値を見つける!

コンサルティング会社、で面接などで使われている!!

 

フェルミ推定の使い方

 

Q、日本には電柱は何本あるか?

切り口を

市街地と、郊外地に分ける。日本を長方形□に推定

50mごとに1本

200mごとに1本

 

答え3300万本

 

電柱の定義などなんでもいい。

与えられた時間内に、

答えを出す!

ことが、大切

 

全体俯瞰力、世代当たりの電柱本数

 

フェルミ推定は、

情報が無さすぎるのも答えが出ない

情報がありすぎるのも答えが出ない

、、、笑笑

 

論理力だけでは、答えはでません。ある程度は直感力ひらめき力かないと答えを出せないのです。

少ない前提条件を早めに飲みさっさと進むことができる人が地頭力があります。

正解は決まっていない。

地頭力とは、フェルミ推定で図ることができる。