本を読むこと

まだ見ぬ世界に飛び乗ろう

学生時代のキャラクター

学生時代のキャラクターあなたはどう?

 

仕事でできた友人と話していまして

『イシって学生の頃どんなキャラだった?』

そういわれて自分のキャラクターについて考えてみたところこの記事が完成されました。

 

キャラクターは言い替えることができます。なんだと思いますか。聞いたことがある方も無い方もアイデンティティを持っています。

私はこうだ。や、私はああなのでこうだ。

誰しも私はこうだというアイデンティティ持っていたりします。

 

面白いアイデンティティ

まずは、ドラえもんだ。

ドラえもんとは、あんなことやこんなこと、という途方もない想像力の枠を超えた方法を使って、のび太君を助けてくれる。

 

私には、そんなあんなことやこんなこと、という途方もない想像力の枠を超えた方法を使って、友人を助けてきた、ということは、認識していない。

 

じゃあ、ルパン三世

ルパン三世とは、世界を何度も救った大泥棒兼、世界の救世主だ。時には、狙った獲物は逃さないというモットーをもち、今まで逃したことがない。ただ一つだけ、ある。不二子ちゃんのハートだけだ。

 

私には、世界を何度も救った経験、ましては、人の物をとるだなんて、友人がそっぽを向いている内に、残り少ないナゲットをつまんだくらいしかない。

 

私のアイデンティティは何なのかふと、考えたときキャラクターとはいつもテレビで見ていたアニメにはいないことに気付きました。 

 

あ、陰キャなのか。でも、陰キャというのは、学校では一言も私語をせず、休みの日はインドアで遊ぶ人達だというイメージでしたが、その頃休みの日は必ず誰かと外に繰り出していたし、違うと思いました。

 

であれば陽キャか、私は陽キャなのかいや、でも陽キャというほどパリピだったのか。これもしっくりこない。学生時代の考え方はどのような思考を持っていたのかもう一度考えてみました。

 

私はいつも心の中に、“どでかい花火を打ち上げたい”と思っていました。きれいごとじゃない何かでっかい、何かを打ち上げたいと思っていました。

 

昔からそうだったのを覚えています。小学校では脱走してみたり(捕まって校長室に呼ばれました。)、中学校では警察のお世話になったり(良いことではないけど実際そんな過去はあります。)

 

高校ではバンドやってボーカルとして文化祭出ました(女子から黄色い歓声を浴びたり、なぜか握手を求められ、したら泣かれた笑)プロジェクト発表会で全国に行ったりとしました。

 

目立ちたがりな生徒でしたね。いつか、本当に大きい花火をあげませんか?

 

ありがとうございました

長くなりました。

 

おやすみなさい。

また来て下さい。

メンタルトレーナーホワイトイシ