人生の続きはblogで・・・

結果変え、人生を変えるコーチ

やる気がないからやらない

こんにちは。

今日もありがとうございます。

イシです。

 

やる気について

 

告白します。高校時代部活が嫌いでした。ただ、中学は毎日が吸収することだらけで、楽しく部活をしていました。しかし高校に入ってからは、毎日が修行のように感じられ、楽しく行っていた部活が楽しくなくなりました。

 

その時、当時の私の行動パターンが、

平日

~0530起床

~0550朝ご飯

~0615JR乗車

~0700JR移動

~0720学校到着、朝練

~0800朝練終了、学業開始

~1700学業終了、移動

~1720部活開始

~1930部活終了、帰宅

~2010自宅到着、夜ご飯

~2040風呂

~2100勉強開始

~2300就寝

見ていて、疲弊しそうな行動をしていたことが分かりますよね。平日、これが毎日です。

 

あれからいくらか年月が経ち、最近私は毎日また、走っています。まるで小学校でサッカー、部活をしていた時のようにです。部活は、陸上競技部でした。かなりの練習をしていました。専門は走り幅跳び三段跳びでした。実力とは言えませんが、地方予選では優勝できるくらいです。

 

3000m自己ベストで、二年前に10分20秒で走れます。速くはないですが、未経験者からしたらまあまあです。しかし最近はデスクワークをすることが多くなり、というよりも毎日です。

 

 

部活をしていた頃の様に走る機会が減っているからこそ、走るようにしています。油断すると気が付くと一日が終わってることって誰しもあると思います。

 

実際走るのは家に帰ってからです。

 

やり方は、部活でやっていたことや、走ること、筋トレについて友人に大学まで駅伝をしていた人がいるので聞いたりしています。そして、効率的に、そのトレーニングのやり方を真似しています。

 

こうやって、毎日トレーニングをするように、決めていますが、仕事が忙しくなるとやはり、やらない日もあります。

私はやらない日はやる気がしないのでやらない、ということを発見しました。しかし、こんなこと、みなさんも知っていますよね。やる気がないからやらない。

 

では、この二種類の違いは分かりますか。

 

【やりたいと思うこと】と、【やる気があること】があります。

 

以下説明しています

 

【やりたいと思うこと】というのは、お腹が空いた時、ご飯を食べなければならない。不眠不休で働いているからもう、寝なければならないと思うこと。家族の誰かが危篤のなので、今から家族に会いに行くといったことです。

 

【やる気があること】というのは、この8時間の仕事を頑張れば、給料がもらえるからやる。とてつもなくきついトレーニングを乗り越える、ということは苦しいが、記録が向上させるためにやるといったことです。

 

ということは、私が走る時必要なのはやる気がある。状態になることが大切だといえます。やる気がある状態にするためには、できないことに意識を当てるのではなく、今あることに全意識を当てることが大切です。そしてもっと言うと今の自分に価値があると思うことができるとやる気は出ます。

 

まとめます

 

★やる気がない状態というのは、やってもできないから自分に価値はないと思ってしまっていることが深い原因になっていることが多いです。

 

★今できることをやることが、唯一やる気を引き出します。

 

★できないことは何かと考え、やらない、のではなく、今できることは何かと考え、やっていく、ことが大切です。

 

 

 

まだ、何か質問等あれば質問してください。フィードバックをもらえると嬉しいです。

 

見ていただきありがとうございました。

 

コーチのホワイトイシでした。