mental coaching blog

メンタルコーチング

リーダーシップ論2

今日も内藤さんのコーチングを受けてきました。

 

人は無いものではなく、人はあるものを見る必要がある。

 

インカンテーションはスゴイ私は声である

私は見ている、聴いている、感じている、知っている

コーチイシは決断である。イエス

 

人は自然とフィルターを通して物事を見ている

ただ気付くことが大切。

 

全ての変化は一瞬でおきる。

人は脆くない。

やること全てに理由がある。

私は変わることができる(成長マインドセット)

私は今、変わることができる。

 

私は変わりたい!

ではなく

私は変わる!

 

これがスゴイ大事。

 

なにを恐れているのか?

これにも気付くこと必要。

 

カオスがやってくる。

理由はお日さまが上るまえには必ず沈む。

 

勇気を持って進む。

 

恐れは、なくならない。

恐れを直視すると何にも思わない。

 

自分がどうあるか、何をしたかではない。

 

全ての人は純真無垢である。

本来の姿は純真無垢である。

そう思うことが、大切。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

リーダーシップ論

日本一になりたい。人生のチャンピオンなら誰でもできる。

 

内藤さんのコーチングを学びました。

 

コーヒーカップの中身?

 

コーヒーの中に入っているもの

 

中身には何がありますか?

それはコンテンツ・ノウハウ・データ・プログラム・テクニック・ツール

 

コーヒーは中身よりも器が大事です。器とはコンテキストとまたは環境のことです。

 

重要なこと

ルール

ミッション

理念・行動規範

 

1エネルギー高く学ぶ

・反応を示す・コメント良いね・水を飲む・姿勢と呼吸を意識する。

 

2集中できる環境で学ぶ

 

3ノートに書く

 

4毎回初めてのように聴く・笑っていることで、ーダーシップとは何か。

 

あなたにとってどういうイメージがありますか?

 

学んだことがあるかたはあなたが学んできたリーダーシップはどういうものですか?

 

背中を見せる人、引っ張る人、鼓舞する人。在り方は様々。リーダーシップで大切なのは相手の世界を知ること。

 

私達が言うグロービスMBA、大学のリーダーシップ論から学んできたことではないです。

 

私は実戦で培ってきたリーダーシップとはという方向性がほとんど決まりました。

 

優れたリーダーシップを発揮できる人はカリスマ性があるからなれるのではない。

 

誰もが

 

努力によって

 

身に付け、磨き上げられる能力。

 

もう一度言います。

 

後天的に

 

誰もが

 

努力によって

 

身に付け、磨き上げられる能力です。

 

あなたが何かするからリーダーではないです。在り方です。撫で肩ではないです。麺が好きなのはバリかた。ではないです。

リーダーシップとは変化をもらたしている人。

 

リーダーとは影響を与える人である。

 

何かをするからリーダーではない。

 

リーダーシップの幅

level1 あなた(自分)

level2 1対1

level3 1対多

level4 ビデオ対多

level5 0対多

 

リーダーシップの深さ

level1 あなた(自分)自身が変わること

level2 湖面に石を投げて波紋が広がる

 

変わるということ

 

変わるとはどういうイメージですか?

 

自分が変わるとはどういうこと何だろうか?

 

今の自分よりも手に入れたいものは?

 

be

do

have

 

◯変容は階があがること・見える景色

 

◯変化とは階段を上ること

 

自分自身は初めは小さいのではない。

 

自分自身は初めは大きかった。

 

そもそも自分自身に制限をかけてしまっている。

 

◯私は変わる

成長マインドセット

人生に責任を持つ

 

◯私は変わらない

膠着マインドセット

人生に責任を持たない

 

何によってその人の行動をしているのか、その人の裏側を知ること、一番大切なのは売ることではない。

 

あなたがあなたにあなたを売ることこれがセールスで一番大切です。

 

学問ではなく、実戦が大切。

 

あなたが変わらないことは本当にそう言えますか?

 

信念や考えを変えればあなたは変化できる。

 

あなたの在り方、あなたの情熱が大切だ。

 

コーチングもティーチング、セラピー、カウンセリングもただのツールです。

 

大切なのは自分に変化を促す人であること。

 

 

 

 

ありがとうございました。

 

影響力の武器

こんにちは。

今日もありがとうございます。

コーチのホワイトイシです。

 

影響力の武器

 

めちゃくちゃ為になることばかりでした。

 

知らぬまま生きていたらこれもまたあれも心理学かと思いました。

 

 

 

見ていただきありがとうございました。

コーチのホワイトイシでした。

コピーライティング(見いだし)

こんにちは。

今日もありがとうございます。

コーチのホワイトイシです。

 

コピーライティング

 

関心するアフィラさんのTwitterからの引用です。まさに要点をついていると思います。

 

✅読者が99%読んでしまう魔法のワード1

・無料の〇〇
・〇〇活用術
・〇〇をお試し
・超人気の〇〇
・〇〇の専門家
・〇〇を徹底解説
・〇〇ランキング
・行列ができる〇〇
・基礎から学べる〇〇
・今一番売れている〇〇

こんな感じ。「seoキーワード」+「上の型」でタイトル作ります👍

 

有益な情報も溢れているものですね。しかも無料です。ホントに素晴らしいです。

 

見ていただきありがとうございました。

コーチのホワイトイシでした。

20代から30代になること

こんにちは。

今日もありがとうございます。

コーチのホワイトイシです。

 

20代から30代になること

 

20代になってみて、10代の頃の予想していた20代になれているかなと思うとなかなかできてないなーとかあ、これは余裕でそれ以上だなとか思うようになりました。

 

20代で伸びる人、沈む人を読んで
まとめ

伸びる人
◯締め切りギリギリまで仕事をする
◯アフター5を大切にする
◯口下手
◯とりあえずやってみる
◯本をあげる

沈む人
◯締め切りより前に終わらせる
◯アフター5を会社に捧げる
◯言い訳上手
◯でもと言ってしまう
◯本を借りる

 

もしあなたが私と同じ20代なら、あなたは30代 楽しみですか?

 

目標としてはフリーランスとして自立していること。一択です。

 

積み上げで頑張っていきたいと思います。

 

“積み上げ”は力なり。

 

見ていただきありがとうございました。

コーチのホワイトイシでした。

人生のメタファー

こんにちは。

今日もありがとうございます。

コーチのホワイトイシです。

 

人生のメタファー

 

人生とは何ですか?と言った時に人生とは苦行です。と言う人もいれば、人生は山あり谷ありです。と言ったり、人生とはゲームです。などと言う人がいますよね。

 

様々なメタファーが人生にはあります。ちなみに私にとって人生とは花火です。

 

理由は打ち上げられたら誰にも止められなく、一発の光輝く様で全ての人を釘付けにさせられることが人生の様に例えられることができます。

 

比喩表現が重要なのです。なぜなら人がそれぞれ認知しているということは違うというのはなかなか分かりにくいからです。

 

人を殺すことは絶対にだめです。しかし、戦争では良かったりします。また、嘘をつくことも一概にだめだとは言えないと思います。

 

世界観は人それぞれ異なっていますので、当たり前ですが全く同じ結果や全く同じ人生の人はいません。

 

メタプログラム

どういうふうにとらえるかというだけではなくて、どういうふうに相手を動かすか、というところも大切です。メタプログラムと言ったりします。

 

どうして、仕事をするのですか?

生きていくためです。

 

なにが本当に大事ですか?

賞をとったりすることです。

 

仕事で意見を言うときは?

マッチャーは全部同じと言う。

ミスマッチャーは全部違うと言う。

 

決断の瞬間は?

自己中心はセルフ。

他者中心はアザーズ

詳細、データの細かい部分を気にする。

 

見ていただきありがとうございました。

コーチのホワイトイシでした。

満足は絶対にするな

こんにちは。

今日もありがとうございます。

コーチのホワイトイシです。

 

満足はするな

 

感謝はしても満足をしたらダイレクトに行動に影響を与えます。

ポジティブになっても満足をしたらダイレクトに行動に影響を与えます。

目標を達成しても満足したらダイレクトに行動に影響を与えます。

 

自分自身に質問することでいつも毎回行動に与える影響力を使うことができます。気づいたり、気付かなかったりすることを決めているのもあなたの状態によって決まります。

 

私は今何が学べるだろうか?

私はまだ完璧じゃないところを完璧にできるなら何だろうか?

私はこの人達に何を贈ることができるだろうか?

 

質問は人生の質を決めていると言っても良いくらい重要ですが、もっと重要なことがあります。相手にする質問と自分自身にする質問があるということです。

 

質問で何でもできますが、まず、自分自身に質問をできることが非常に大切です。7つの習慣にもあると思いますが、私的成功をすることが大前提です。

 

まず自分自身ができたとします。新しい良い習慣を作ることができた。そこから、パターンや質問の仕方で相手を変えることができます。

 

あなたはパターンを変えたことがありますか?

 

意識的でも良いですし、無意識的に変わったものでも構いません。様々なものがあると思います。

 

私の場合、最近、約3年弱ハマっていたスマホのゲームで課金をしたり、時間を使っていたのをアプリを消すことで一切やらなくなりました。

 

今は読書したりアンソニーロビンズの教材を勉強したりすることに使えています。本を読む習慣は本当に身に付けられて良かったです。

 

改めて、最後に本を読む習慣は本当に最高ですね。

 

見ていただきありがとうございました。

コーチのホワイトイシでした。

学習の三大要素

こんにちは。

今日もありがとうございます。

コーチのホワイトイシです。

 

レーニングすること

 

話は学習することです。学びは基本的には、大きく分けて3つの要素から成り立ってあるといいます。

  • 頭で分かること。いわいるすることイメージし理論的に話せる状態。
  • 心で分かること。いわいる感情で理解または共感できる状態。
  • 体で分かること。いわいる走って心肺機能が上達したり、ダンスを音楽が流れた踊れる様な状態。

 

私の毎日トレーニングをしようとする時のマインドがどうなっているか、例にとって考えてみましょう。

 

毎日トレーニングをしようとするのは記録がだんだん上がる為には必要な要素であることを理解しています。
これは頭で分かっています。

 

毎日トレーニングをしようとするのは少し諦めそうに感じることもあります。ただ、記録が向上した時に達成感に包まれます。

これは心で分かっています。

 

毎日トレーニングをすることは体力向上に繋がっている。毎日走ることでどんどん走ることが軽くなっていく。
これは体で分かっています。

 

上記が私の例です。参考になっていればなによりです。頭と体は分かる状態だなー。しかし、心はどうかなー。

 

基本的には頭で分かっていると思っていても実際は知識としての理解が伴っていないことが多いです。

 

今回は知識としての理解は私は陸上競技を六年間頑張っていたから走ることに対しては六年間の蓄積があります。なので分かっている状態でした。

 

ビジネスではビジネス書を100冊くらい読んでいることやマーケティングセミナーに参加したり、ラーニングの教材を購入していることで知識としての理解はできていると思っています。

 

コーチングとしては、アンソニーロビンズの著書は全て読み、24歳から今まで毎日アンソニーロビンズの日本人トレーナーの方のラーニング教材を聴きながら過ごしています。

 

日本にいながらアンソニーロビンズはなかなか勉強することは難しいです。しかし難しいなかアンソニーロビンズのコーチングについて日本人の方が訳して下さっている教材を購入したりして学び続けました。

 

今では英語でしか、アンソニーロビンズの教材はほぼ手に入らないです。また、今では安易には手に入りにくくもなっています。

 

しかし勉強し続けて望む様な結果、アンソニーロビンズのコーチング、考え方を日本でも浸透させる能力を手に入れるために日々学習しています。

 

そして様々な結果を出すためのモチベーションの研究も毎日勉強しています。

 

ときには、読書から、ときには、YouTube、ときにはニコニコ動画、ときには、Twitter様々なツールが使い方次第で学習を高めてくれます。

 

頭で分かっている状態にするために最高のやり方は自分で見つけ出すことが大切です。

 

見ていただきありがとうございました。

コーチのホワイトイシでした。

 

地元

こんにちは。

今日もありがとうございます。

コーチのホワイトイシです。

 

やっぱり地元

 

久しぶりに地元である愛媛県に帰ってきました。普段そこまで家に帰ることはありません。しかし今日は家に帰ってきました。

 

高校まで育ててくれた地元です。

 

いろいろな思い出がよみがえります。

 

一応小学校のときサッカーと中学、高校では陸上競技を行っていましたがその時は毎日がきつい練習に必死についていっていました。

 

一度もずる休みをしなかったですね。それは誇らしく思います。練習は決して楽しかったのかといわれるとそれは、それは、しんどいですよ。

 

しかししんどいけど練習をその時はコーチである先生が愛媛県の代表コーチにもなるくらいの先生だったので記録が伸びてとても達成感がありました。

 

また、チームメートも今でも親交の深い友人の一人になっています。あの時頑張ってきて本当に良かったと思います。

 

今考えても目を疑う様な練習を日々重ねてきていたなというのが思い出されます。

 

さて、地元に帰りたいと思いすぐに地元に帰ることができたのですが、こういった環境にも職場の人にも感謝ですね。仕事忙しいときは地元に帰ることはできないのでありがたいです。

 

帰ってきて街も見渡せば昔あったものが取り壊されてどんどん新しいものが建てられています。地元の街が変化していくのは嬉しい反面、なんとあれまという感情になります。

 

地元に暮らしてなくても、地元を忘れてしまっても、地元が変わってしまっても

“やっぱり地元”

 

私を作ってくれた地元に感謝。

見ていただきありがとうございました。

コーチのホワイトイシでした。

孤独力

こんにちは。

今日もありがとうございます。

コーチのホワイトイシです。

 

孤独力

 

“孤独は才能”です。

 

孤独な人はやる気が出ない時がよくあります。

 

報酬系に基づいて人は行動しています。

 

報酬系には内発系と外発系があります。

 

孤独な人は内発系。いわいる自分の好奇心に突き動かされて行動します。

 

孤独ではない人は外発系。いわいる周りに感心があり周りの雰囲気や周りに突き動かされて行動します。

 

いつも孤独な人は報酬系が他の人と違います。

自分の内側から出てくる欲求からしか動けません。外から来るモチベーションは全く気にしません。

 

私も孤独力上げていきます。

 

見ていただきありがとうございました。

コーチのホワイトイシでした利用。

手紙

こんにちは。

今日もありがとうございます。

コーチのホワイトイシです。

 

手紙

 

チョコレートプラネットの“手紙”のコントが秀逸でクセになります。

 

手紙を読む。読む。読む。

 

何度も手紙を読みます。

 

1通目、誕生日の手紙。初めて会ったのは20年前の夏だった。お誕生日おめでとう。

 

2通目、プレゼントとして靴を買おうと思ったけど用意できなかった。でも手紙を書いて来た。

 

3通目、結婚する。けど手紙は書いてんじゃない。

 

チョコレートプラネット、めっちゃ面白いですね。勉強ばかりの日々も、たまには息抜きが必要です。こういうのも良いですね。また紹介します。

 

見ていただきありがとうございました。

コーチのホワイトイシでした。

ひと

こんにちは。

今日もありがとうございます。

コーチのホワイトイシです。

 

本屋大賞第2位受賞作品“ひと”を読んで

一言で言うと“ひとはどんな状況においても決してひとりではない”

 

ひとは人ではなく、ヒトでもありません。“ひと”です。小説としてはひとのどこか暖かい部分に焦点を当てていました。今回、一位ではなく二位のひとを読んだのですが、本当に読んで良かったです。

 

面白すぎて、一気によんでしまいました。小説久しぶりに読んだ。(実際には途中挫折気味になりました。しかし、小説は私は全く読まないので3日以内に読めたのは素晴らしいことです。実務書は2日に1冊週末には5冊前後読んでいます。)

 

ひとの暖かさに触れたいならこの“ひと”は絶好の一冊です。人類史上最大の発明。火を起こすでも光を点けるでもなく、“揚げること”

 

過去に父親(調理師)を交通事故(猫を助けて)で亡くし、原因不明の病気で母親をなくした主人公。大学も中退する。お金もない。フラフラと東京の街を歩く。

 

そのまま立ち寄った商店街の惣菜屋で一つ50円のコロッケを買う。しかし、最後の一つで同時に買い物に来ていたおばさんに譲ってあげる。

 

ここから物語はひととひととのつながりを展開させがらすすんでいきます。

 

何気ないひとの物語。タイトルからも表紙からも分かる本当にシンプルだし普段見ている何気のない日常のことだけど、何か暖かいものを感じる。

 

ひとは助け合って生きている。

ひとはひとりと思っているけどひとりではない。

ひとは変われる。

 

ひとについて考えさせられました。私もひとです。あなたはひとです。もう一度周りを見渡してつたえておきたい言葉を伝えておかなければならないと思います。

 

見ていただきありがとうございました。

コーチのホワイトイシでした。

考え方をぶっ壊す

こんにちは。

今日もありがとうございます。

コーチのホワイトイシです。

 

読書

 

読書は考えを壊すことができます。

 

読書は自分の世界、自分の価値の肯定、確認ではありません。

 

評論家になるな。と以前の記事で述べましたが、読書をして身につけられる人はその読書で得た知識をすぐにやります。

 

とにかくやれないと意味がないです。

 

これからの読書でも評論家から実践者になりつづけたいと思います。

 

あなたは読書をして本当に身に付いたのかわからないことはありませんか?

 

時代に取り残されていく人は読書が全く身に付いていません。

 

私は間違っていなかった。と安心するよりこんな考え方があったのか。と価値観を壊すことが大切です。

 

今日ちなみに読んだ本は5冊です。また紹介していきますのでよろしくお願いします。塚本 亮さん、なかなか好きだ。

 

見ていただきありがとうございました。

コーチのホワイトイシでした。

 

評論家か?

こんにちは。

今日もありがとうございます。

コーチのホワイトイシです。

 

評論家か?

 

今日はひょんなことから防大の先輩と話しをさせていただきました。私はその先輩を本当に尊敬しているんですが、いつも心を動かされる言葉をいただきます。

 

私は本を読んで主に知識をインプットするのですが、先輩も本は良く読まれます。そんな中、本に対する姿勢が本当に尊敬できました。

 

今までは私は読む時これは合っている。これはずれてるな。などとまるで評論家にでもなったかのように取捨選択をしてインプット、アウトプットをしていたのです。

 

先輩も私も本を読むことは良いことだという点では一致していましたが、その本にたいする姿勢が全く違っていました。

 

それは本当に素晴らしいと思ったので伝えたいと思いました。

 

私は評論家として本を読んでいます。

 

先輩は指導者として本を読んでいます。

 

先輩は指揮官です。指揮官は多くの人の上に立って、指導したり話をしたり、組織の運営のやり方を考えたりしなければなりません。

 

そして戦争にいかなければならないとき、先頭に立って指揮をとっていかなければなりません。

 

実際に人を動かす人です。

 

今回たまたまよく行く店で会い話をさせていただきましたが、一生忘れない思い出になりました。

 

先輩にとっては何気ない一言だったかもしれませんが、私にとっては劇的な言葉でした。

 

本当に素晴らしい時間を経験させていただきました。ありがとうございました。

 

“評論家ではなく実践者になれ”

 

見ていただきありがとうございました。

コーチのホワイトイシでした。

人と違うということ

こんにちは。

今日もありがとうございます。

コーチのホワイトイシです。

 

あなたは人と違いますか?

 

これは人によって捉え方が違うと思います。

 

本当に当たり前なんですがみんな違いますよね。

 

なのにもっと私は髪を染めたい。私は授業で黙ってつまらない話は聞かないタイプだ。右向け右で左を向く。

 

今の日本の会社のそういう雰囲気が人と違うことは罪。という間違っている認知にさせてしまっています。

 

私も確かに働いているとき、一緒に同じようにやるってやっぱ疲れる。何であの人と一緒にしないといけないのか。我慢して他人に合わせて生きるのは無理だ。

 

とばかり思ってしまうこともありました。

 

素直力。余計なことばかり考えてしまう。大人になればなるほど他人の意見を気にしすぎています。

 

人と違いますか?

私は、人と違うことを誉めたい。

 

見ていただきありがとうございました。

コーチのホワイトイシでした。